FXを考えてみる

FXとは、英語でForeign eXchange、正確に表現するならば外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して、利益を得ようとする取引のことを意味します。


例えば外国へ出張したり、海外旅行の時に大抵はドル貨幣ですので、日本国内の円では通用しません。 為替単位はドルですから当然ながら、日本の円貨幣をドルに交換しなければなりません。


1ドルが100円の場合、1000ドルを用意しようとする場合は、手数料を除けば10万円で購入(為替交換)することが出来ます。ところが、1ドルが80円の場合は、1000ドルを用意しようとすると8万円で済むわけです。 この状態を円が高くなったと表現するのです。

ここで交換の損得を表現するならば、1ドルにつき20円の儲け、利益が出たことに成ります。 逆に、1ドルが120円になっていたら、1000ドル購入する時は12万円必要ですから1ドルにつき20円余計な支払、つまり損害、損失に成ります。


これは通貨又は為替の売買、取引といい、通貨為替の上下の変化、変動で利益や損失が出たりするわけです。

なかなか勝てないトレーディングで嫌気が差す?そんな方にはハイローオーストラリアがいいかなと思います。サポート対応がすばらしいので安心ですよ!


XEマーケット(XM.com)
FX投資家には優良業者として人気のあったトレーディングポイントが、さらに進化して登場したのが、XEマーケット(XM.com)です。レバレッジやボーナスがますます魅力的となったXEマーケットは、使い勝手の面でも格段に向上しました。

口座を一つ開設することで、ウェブトレーダー、MT4、さらにiPhone専用ツールまで、様々なツールを使うことができます。また、XEマーケットが取り扱う銀行は英国のBarclays。最大手の銀行を取り扱い銀行としていることも、高い信用の現れです。さらに、XEマーケット(XM.com)はキプロス証券取引委員会の認可も取得済み。投資に関わる様々なイベントへの参加が可能です。FX界での知名度の上昇が期待できる、注目の業者だといえるでしょう。
 
i Forex
アイフォレックスはデイトレーダーのための強力な味方です。スプレッドは業界最低水準、さらにレバレッジは最高なんと400倍という高さを実現!金利の高いことで知られる南アフリカランドも取り扱っておりますので、これを機会にあなたもビックチャンスを狙ってみてはいかがでしょうか?

クレジットカードでの入出金手数料は完全無料。さらにそれだけでなく入出金をクレジットカードでご利用いただくと、カードのポイントまで獲得できるのでとってもお得です。メールアドレス、電話番号、クレジットカード。この3点をご用意いただくだけで、口座開設から取引までがなんとたったの3分!絶対に逃すことのできないチャンスに遭遇しても、これなら安心です。
 
24オプション
バイナリーオプションを取り扱う業者は沢山ありますが、特にサービス面が行き届いていると定評のある業者はそう多くありません。ここでご紹介する「24オプション」という業者はこちらのから行けますが、海外発のバイナリーオプション業者ですが大変サービスが良いと評判になっています。取扱商品として、外国為替・株式と株価指数・コモディティと呼ばれる商品等があり、どれも取引条件では一級のサービスが提供されるところが優れた特徴であるといわれています。

バイナリーオプションの初心者でも、専業トレーダーのように専門知識を持って、リスクは小さくそして利益は大きい取引を短時間で成功させることが出来るほどになります。日本時間で大体昼の時間帯から翌日の早朝に取引が出来ます。会社員や昼間の仕事を持っている方は、本業を終えてから取引することになりますが、時間的にやりやすいと言えるのではないでしょうか。
 
バイナリー88
Binary88(バイナリー88)という会社をご存知でしょうか。最近日本でのサービスを始めたばかりで比較的新しいバイナリーオプションの会社です。バイナリーオプションの特徴はわかりやすくシンプルである事ですが、この会社の特徴も一言で表すとシンプルな取引です。わかりやすく見やすい日本語公式サイトが用意されています。

このBinary88の魅力は何と言っても手軽さです。わずか千円から手軽に投資をする事ができます。投資に重要な事は何よりもリスクを把握する事に他なりません。Binary88では、購入金額を上回る損失は起こらないため事前にリスクを把握する事が可能です。利用者の様々なニーズに合わせて、ハイロー/60セカンド/タッチ/レンジなど、業界最大数の投資ツールを提供しています。

 

これらの為替を専門に取引して、利益を生み出そうと取引するのが「FX」取引と言うんです。
FXとは、Foreign eXchangeの略で、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことなのですす。

更に、FXの特長は、株や債券の取引などと一寸、異っていて、手元にある元手資金を担保に何倍もの金額でもって取引ができるということで、これらの倍数取引のことをレバレッジといって、一つの取引の手法なんです。

例えば、10万円が手元にある場合、レバレッジを10倍にすれば、100万円分の通貨を取引できますし、レバレッジを50倍にすれば500万円の取引ができます。

更に、通貨を保持している場合は必ず金利がつきます。これは、預金や投資の理屈と一緒です。バイナリーオプション 初心者の方には慣れないと確かに難しいかもしれません。

例えば、米ドルなら2%、ユーロなら3%、豪ドルなら6%と、各国の通貨によって金利が異なるため、外国の通貨を現金で持っているだけで金利が嵩んだ分余計に多くなります。

この金利の差をスワップポイントといいます。レバレッジを10倍にして取引すれば同じく10倍のスワップポイントが加わり、レバレッジを50倍にすれば、50倍のスワップポイントが加算されます。


勿論、取引は売買ですから、支払ったり、受け取ったりするわけですが、この時、元金より多く支払った時はその分は損失になり、受け取った場合は利得になります。当然ながら、レバレッジ取引の場合はその倍数分だけ損得が発生します。

特に、FX取引の場合は、レバレッジの分だけハイリスク、ハイリターンが発生しますので、注視しながら取引する事が肝心です。


●積立投資とは何か?
積立投資は余剰資金を長期で運用するために便利な投資手法です。
一般的な積立投資は、毎月一定の金額を投資信託などの金融商品に投資し、積み立ててゆくことで長期的な収益の獲得を目指すものです。
積立投資のポイントは、投資家が事前に設定した金額を一定期間毎に自動的に買い付けることにあります。毎月の積立は最低500円ほどの金額でも実施可能となっており、対象となる金融資産は複数の株や債券をミックスした投資信託が多くなっています。しかし、金のような現物資産や米ドルのような外国為替を対象に積み立てることも可能です。
複数の証券会社が積立投資のサービスを提供しており、証券会社の口座を開設すれば誰でも利用できます。
毎月一定額を貯金するような感覚で手軽にできるのが積立投資の魅力です。

●積立投資のメリットはリスクを分散できることにある
積立投資の実態は金融商品への投資ですが、その最大のメリットはリスクを分散できることにあります。
株式相場は日々変化しており、相場水準が高い日もあれば低い日もあります。ここで、積立投資で毎月自動的に購入すれば、高い日に購入したり、安い日に購入したりすることになります。その結果、保有する積立投資の中身は相場水準の平均値に近づくことになるのです。
つまり、積立投資を利用すれば短期的な相場変動のリスクを廃除できるようになり、安定的な投資が可能となります。
さらに、積立投資のメリットには人為的な感情を排除した取引が可能になる点もあります。
天災やテロ、世界的な経済事件が発生するとそのショックで株式相場は低迷してしまいます。一定の時間が経過してから振り返ってみると、そのような出来事で相場が下落したタイミングは買いのチャンスということがよくありますが、人がトレードしていると、恐怖心が出てくるために下落しているタイミングでは買うトレードは難しくなるのです。
ここで、積立投資では定められた時に自動的に購入するため、相場の下落局面でも確実に購入することができるのです。
自動的に購入するため、買いのチャンスを逃さないという点も、積立投資のメリットとなっています。

●短期的な収益の獲得が難しいのが積立投資のデメリット
積立投資は毎月少額の金額で投資を行ってゆくというもので、長期投資を前提としたものです。
そこで、積立投資では半年や1年という短期間では満足な利益は獲得できません。始めたばかりの頃は積立された金額そのものが少額であるため、たとえ投資対象の投資信託の価格が上昇していても、その利益が目に見えるほど表れないのです。
積立投資は5年、10年たってからその利益が実感できるというものであるため、長いスパンで見守る必要があります。
さらに、積立投資は金融投資であるため株式相場を代表とする金融市場の変動リスクを抱えています。
5年や10年というスパンで世界の景気が低迷し、主要国経済の株価が下落し続ける局面にあると、積立投資した金額よりも投資金額の価格が下落する元本割れのリスクが発生してしまいます。
一般に、長期投資になればなるほど元本割れのリスクは減少してゆくもので、積立投資は他の投資に比べて元本割れのリスクが限定されていますが、それでも一定の元本割れのリスクを抱えています。そこで、積立投資も余剰資金で行う必要があります。"