変動する為替

・日本におけるFX

FXという言葉も、テレビCMなどによりすっかり一般的になりましたが、そのそもFXとは何の事なのでしょうか。
FXは英語の「Foreign eXchange」の略で、日本語にすると外国為替証拠金取引となります。
また、多くの場合英語ではFXの事をForex(フォレックス)と呼ぶことが多いようです。
このような金融商品を扱う業者の中で、日本でも有名な「24オプション」は、中でもバイナリーオプションという物を専門的に扱っています。

日本におけるFXの歴史は、比較的浅いものです。なぜなら日本国内では1998年まで、個人がFX取り引きをすることはできませんでした。
その後、法律が改正されたことで個人投資家のと非力が可能になり、その資金効率の高さなどが人気の決め手となり、現在においても強い人気を持ち続ける金融商品に数えられています。


・FXとはどんな取引なのか

では、実際のFXとはどんな取引を行うものなのでしょうか。
簡単に説明をすると、お金でお金を買ったり売ったりする取り引きになります。世界にはそれぞれの国が発行している多くのお金、つまり通貨が流通しています。例えば、日本では円が通貨として使われていますし、アメリカなら米ドルが、オーストラリアなら豪ドル、といった具合になっていて、この通貨を他の通貨で売買していくのです。

実は気が付かないうちに、多くの人がこの取り引きを実体験しています。
例えばハワイに海外旅行に行ったとしましょう。ハワイでは米ドルを使いますので、円を米ドルに両替をします。この行為が実は、日本円で米ドルを買っている、という行為になります。
自国のお金を払って、渡航先の国のお金を買うことで、自分の手持ちの資金を海外で使えるようにして、海外でのショッピングや食事ができるようになるのです。


・為替レートとはなにか

販売している物には必ず値段があります。例えば缶ジュースでしたら120円、タバコは500円など、色々なものに値段がありますが、もちろん、お金そのものにも値段がついているのです。
そして、このお金の値段は、缶ジュースなどのように一定ではなく、常に変動し続けています。このお金の値段を表したものが、為替レートと呼ばれています。
ニュースなどで為替レートが1ドル100円20銭と言っている場合には、1ドルを100円20銭で帰るという事になります。もちろんこれは常に変動しますので、数秒後、数分後には1ドル100円10銭になったり、1ドル101円になったりしていくのです。