FXの売買単位とは

FXの取引をする上で、重要なのがその売買単位です。

例えば海外旅行に行くなどで、日本円でドルを購入したいと思った時、為替を取り扱う銀行に行って、いわゆる外貨の両替をします。その場合は、例えば1ドル80円の時は、8000円に手数料がかかって10ドルを購入したり、手数料を含めて10万円分のドルを購入するなど、基本的に自分の必要な単位でドルに代えることができます。

いまはバイナリーオプションの大手SmartOptionで楽に取引ができるようになっています。しかしFXでは、そのようにはいきません。1万円や10万円など、自分の好きな単位でドルを購入することはできないのです。

FXの場合は、最低1,000ドル以上とか、10,000ドル以上などと、FX業者によって最低の売買通貨単位が決められています。

FXではないですがバイナリーオプション ブログこちらも具体的に書かれているのでご覧ください。10,000ドル以上の単位でしか購入できないとなると、日本円にすれば100万円になりますから、敷居が高いと感じるかもしれません。しかしFXではレバレッジを効かせることができるので、実際に100万円がなくても、取引することはできます。

しかしレバレッジを利用することは、それだけリスクが大きくなりますから、リスクを小さくして取引をしたい場合は、それだけ資金が必要になります。FX業者によって最低売買通貨単位は、1000通貨単位、1万通貨単位、10万通貨単位のいずれかになっていますので、自分の投資スタイルにあった業者を選びましょう。

FXの通貨単位で少しわかりにくいところは、売買単位である「1ロット」がFX業者によって違うことです。1ロットが1万通貨単位ならば、どの通貨を購入しようとしても、ドルなら1万ドル、ユーロなら1万ユーロ、ポンドなら1万ポンドが最低の取引単位となります。

各通貨の為替レート×ロット数×最低売買通貨単位=日本円での取引金額

となります。

したがって最低売買通貨単位を勘違いしてしまうと、予想しないほどの高額の取引になる可能性がありますから、気をつけなくてはなりません。また注文単位も、最低売買通貨単位の倍数となります。例えば最低売買通貨単位が1000の場合、売買単位は1000、2000、3000になります。

これを例えば外国通貨と対円為替レートで、考えてみましょう。為替レートが1円変動した場合、1000通貨単位では、1,000円、3000通貨単位では3,000円、1万通貨単位では10,000万円、10万通貨単位では、当然10万円の利益、または損が発生することになります。

MT4を利用するトレーダーが急増していますが、為替レートは、内外の情勢によっては、急激な値動きをする場合があります。その時のリスクを避けるためにも、特に初心者は、10万単位での取引は避けて、1万通貨単位でも取引から始めたほうが良いでしょう。

日本円との為替レートが安い通貨の場合は、最低売買通貨単位が10万通貨単位の場合もありますが、その様な通貨の取引を行うときでも、結局は日本円でいくらになるのかを考えれば良いのです。10万単位通貨の取引であっても、日本円で数万円になるのならば、リスクは高くないと言えるでしょう。

、あたスワップポイントの表示は、1万通貨単位での表示が一般的です。スワップの高い通貨でも、為替レートなどを考慮して、実質利回りを把握することは必要です。